ファイナンシャルプランナーのお得なクレジットカード情報プラス1

クレジットカード中心にお得な情報をお届けさせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランクが上の ゴールドカード

ゴールドカードは一般カードよりワンランク上のサービスを提供しているクレジットカードということです。

年会費については、値下がり傾向で、調べた範囲では年会費1950円という、一般カードとあまり変わりないものもあります。一般的には年会費が1万円から1万5000円程度です。


ゴールドカードは、利用限度額も最初の枠が50万円から100万円程度と一般カードより高く設定されています。

ゴールドカードの主な特徴は、

A. 旅行傷害保険などの各種付帯保険が付く

B. ポイント還元率が一般カードより高い

C. 国内空港でのラウンジサービスなどが無料で利用できる
D..ポイントの還元率が一般カードより高い







スポンサーサイト
  1. 2013/10/23(水) 19:39:38|
  2. クレジットカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレジットカードの初心者は一般カードがおススメ

クレジットカードは大きく三つの種類に分かれます。

・一般カード
・ゴールドカード
・プラチナカード

一般カードの場合はほとんど、年会費が無料、または、実質の年会費が無料です。

実質の年会費無料の代表例は次のようになっています。
・少額でも年一回の買い物で使用すると無料
・年会費は1000円だが、その店の商品券が3000円分もらえるなどがあります。

利用限度額は20万円から50万円程度の場合が多いです。

利用限度額が20万円の場合、注意が必要な場合があります。
急に高額な買い物をする場合は、少し注意してください。

旅行傷害保険はついている場合もありますが、補償限度額は低いと考えたほうが良いです。






  1. 2013/10/23(水) 19:38:03|
  2. クレジットカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命保険を見直すなら「命」を守れる生命保険を選びましょう。

誤解を解けば「がんの予防」は77%以上できる

エクセルファイルで販売開始
国立がん研究センターの 「がんの予防」科学的根拠にもとづいて
(国立がん研究センターのリンク先も紹介してますから、確かめられます)

誤解が原因で大事な人を「がん」から守るためののソフトです
93%の方が誤解していることもあります。
次の12の質問に答えられますか?
1・夫婦・二人のどちらか、あるいは二人とも「がん」に罹る確率は
2.日本人で「がん」で亡くなる場合、3種類のがんでおよそ50%が亡くなります。
  その3種類の「がん」はわかりますか?
3.その3種類の「がん」の予防方法をそれだけ答えられますか?
4.女子のがん死亡者で「乳がん」で亡くなる方の人数うは何番目でしょうか?
5.サプリメントは摂りすぎても「がん」にならないでしょうか?
6.大腸がんに罹りやすくなろと言われる肉を答えられますか?
7.ピロリ菌に感染し、胃が委縮していると「胃がん」の確率は何倍でしょうか?
8.ピロリ菌を除菌すれば「胃がん」に罹らない?
9.ピロリ菌を除菌する場合にどんなリスクがありますか?
10.たばこの喫煙で罹りやすくなるがんをすべて答えてください。
11.生活習慣お改善でがんおお予防は何%できるでしょう
12.遺伝する「がん」は何%でしょうか?


注文先はアルカディアFP事務所へ。
http://arcadiafp.net/

国立がん研究センターも紹介していますが、医師以外の人が見ても分かりにくいです。
用語も意味が分かりません。
「がん」と「社会経済状態」の関係は意味が分からないのが普通です。
それらを分かりやすくしました。
ご注文はアルカディアFP事務所へ http://arcadiafp.net/


gokai.jpg




  1. 2013/09/15(日) 23:44:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼できる FP事務所  No1 「がん」から100万人以上、私なら救えました。

今日 検索した結果 yahoo とGogle「信頼できる  FP事務所」で検索してみると

1位でした。


中身を比較されたわけでありませんが、金融商品は販売しない  
「中立公平」なFP事務所は日本中探してもごくわずかです。
さらに書かせていただくと、事務所に相談された方には
「がん」を77%以上予防する方法を説明させていただいています。
4人家族では誰かが「がん」に罹る確率は90%を超えます。
国立がん研究センターの調査結果では
「がん」が70%以上防げることを知っていたのは
わずか7%です。これでは、具体的な「がん予防」の方法を知っている方はもっと少ないと予想されます。
近い内に説明させていただきたいと思います。
無料相談で「がんの予防法」と「がんの金銭対策」を教えてもらえないFPとわずかな負担で家計改善から、
「がんの予防方法」・「がんの金銭的対策」まで、できるFP事務所とどちらがよいでしょうか?
私も元々は、親友二人が47歳で「すい臓がん」で亡くなったことと
「大腸がん」で亡くなった女性が北海道伊達市の女性だったのをきっかけに何年も「がん」について、調べました。

その結果、「がん」は77%以上 予防できます。

アメリカのハーバードが1996年にリポートを公表しています。

日本では、具体的予防方法などはほとんど、知られていません。
「がん知識」が普及し、予防・早期発見していれば既に100間人以上 助かったはずです。

あなたは誰を信用しますか?

「人の命は地球より重い」
と考えているから「がん」の予防・治療方法に詳しくなったのです。
本当に日本一信頼できる FP事務所を目指して、頑張ります。


  1. 2013/08/28(水) 19:17:23|
  2. FP事務所(ファイナンシャルプランナー)の選び方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タダより高いものは無い

下の動画を見てください。

タダより高いものはありません。


sinnrai dekiruFP



  1. 2013/08/27(火) 19:24:56|
  2. FP事務所(ファイナンシャルプランナー)の選び方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。