ファイナンシャルプランナーのお得なクレジットカード情報プラス1

クレジットカード中心にお得な情報をお届けさせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「分子標的薬」という「がん」との闘い方

がんの薬は健康保険適用の対象となるかどうかで二つに分けられます。
1. 健康保険適用外(日本国内未認可)
2. 健康保険適用(日本で認可されている薬)
さらに現在分子標的薬と呼ばれる、ガンの発生や増殖に関係しているある特定の分子に対して作用される薬が発売されています。

金沢大学がん研究部 高橋豊助教授の(癌サポート情報センターの文章からの一部抜粋)

「最近、次々に新しい分子標的薬がでて来ているが、その使用のほとんどが抗がん剤との併用である。しかも、そのほとんどは抗がん剤との併用である。しかも、その場合、あくまでも抗がん剤が主体で、分子標的薬は従の併用である。」
「分子標的薬は、治療を長く続けることにより効果が現れる薬で、いわば長期戦型です。」
「そして、慢性疾患のようにがんをマネージすることができれば、延命ができます。ただし、治療ができるかどうかは、抗がん剤の投与量で決まる。」

・・・・・・ ・ 分子標的薬と抗がん剤の比較・・・・・

・・・・・・・・・・分子標的薬・・・・・・・・・・・・ 抗がん剤
標的・・・増殖にかかわる分子・・・・・・・ 分裂、増殖
毒性・・・・・・・・ 軽い ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 重い
縮小効果 ・・・ 小さい・・・・・・・・・・・・・ ・・ 大きい
継続性・・ ・・・ 長期間・・・・・・・・・・・・・・・・ 短期間
耐性・・・・・・ 起こりにくい ・・・・・・・・・・・・起こりやすい
戦略・・・・・・・・ 長期戦・・・・・・・・・・・・・・・・ 短期戦


北海道での実例で計算します。大腸がんに罹り、アバスチン・アービタックスという分子標的薬が使われました。その結果、余命3か月と宣告された方が約6年間延命できました。
問題は入院期間が短く、何年間もの通院治療を続けると入院の保険はあまり役に立ちません。

健康保険の区分が一般の方が1か月100万円かかった場合     
・・・・・・・・・・1か月当たり・・・87,430円 (高額療養費制度利用)
・・・・・・(最初の3か月分 262,290円)
・・・・44,400円×72か月=3,196,800円 (多数該当は1か月44,400円・・ 6年分)
・・・(6年と3か月の合計)・・3,459,090円
治療費だけでこれだけかかります。
その他にも通院の為の費用、仕事をやめた後の生活費が必要になります。


当FP事務所は保険を販売しておりません。

保険の専門家の方に「命」と「生活」を守れるか相談してみると良いでしょう。

今は30歳なら男性でも女性でも月1800円程度で一生の入院保障と一生の抗がん剤の治療に困りません。
たった、これだけの負担で命が守れるのです。

亡くなるまでずっと保障してもらえるのは画期的です。何十年年でも抗がん剤治療ができるということです。

大切な家族とご自身を守るために、是非専門家に相談してください。
例えば、下のおススメの保険ショップ・保険相談サイトで相談してみてください。

全国展開の保険ショップ 取り扱い保険会社32社





13万人の相談実績  保険マンモス



上記のプランも教えてくれます。

相談料は無料です。



















スポンサーサイト


  1. 2010/05/12(水) 22:21:08|
  2. がん保険とがん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あなたの生命保険は家族を守れます? | ホーム | がん 先進医療の誤解>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bestplanner.blog.fc2.com/tb.php/34-e3f786e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。