ファイナンシャルプランナーのお得なクレジットカード情報プラス1

クレジットカード中心にお得な情報をお届けさせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高額療養費制度と医療保険の見直し方 保険のCMに騙されるな!

死亡保険については、以前に書かせていただいた、収入保障型保険で、大きく節約ができます。

今回は、誤解の多い、医療保険について、説明させていただきます。

下の図は70歳以下の方が、1か月(1日から月末まで)医療費が100万円の場合の自己負担です。


高額療養費制度の図解


健康保険の区分が「一般」の方は、1か月(月始めから月末まで)に100万円の医療費がかかっても、
実際の自己負担は87,430円です。

入院した場合でも、事前に手続きをしておけば、87,430円を超えてお金を負担することはありません。
病院への入院時で対象外となるのは、
・差額ベッド費用
・食事代  (1食 260円)
・保険適用外の診療
・先進医療などの自己負担分

食事代は1食260円の負担ですが、入院しなくてもかかる費用です。
コンビニの弁当より安いはずです。

連続で毎月入院した場合で説明させていただくと、4か月目からは、さらに、自己負担は減ります。
上の例の健康保険が一般の区分の場合、4か月目から
1か月の自己負担は、44,400円です。

高額療養費100万円2


そうなると、どういう場合に「医療保険」が役に立つかというと、長期で入院した場合です。

「うつ病」などの精神疾患は平均の入院日数は約1年です。

また、「専業主婦」と「働き盛りの男性(収入が多い)」場合は、「治療費」は高額療養費制度があるので、健康保険の区分が同じなら、自己負担額は同じです。
「所得保障保険」などと組み合わせるのが合理的な考え方です。

また、最近は「がん」の治療時に「抗がん剤による通院治療」が主な治療になり、入院をほとんどしない場合があります。

最近の「抗がん剤」は、健康保険の対象になる場合も増えています。
高額療養費制度も使えます。
けれども、治療期間が数年、場合によっては何十年も生きている間、薬が必用な場合もでてきました。
「高額療養費制度」にも限界がああります。

そういう意味からは、「がん保険」の契約内容を含めて、「医療保険」とのバランスを考える必要があります。




例えば、当時の保険商品に「抗がん剤特約」はありませんでしたが、「所得補償保険」はずっと前に、販売されておりました。
「がん診断給付金」という「がんと診断されると支払われる保険金」も何度も支払われる保険が販売されておりました。

例えば、「がん」でも「命」を守れるプラン例は
☆一生の入院保障(1回の入院日数限度は60日)
☆抗がん剤の保障が生きている間、何十年でも保障があります。
☆抗がん剤の保障に通産の限度額はありません。


hokenryou.jpg


保険担当者のレベルで、「命」を救えるかどうかが変わります。

参考に保険代理店を紹介させていただきます。当FP事務所は保険を販売しておりません。
下の保険ショップ・保険相談サイトから相談してください。
上のプランもすぐ提案できます。

保険に加入するしないは、別にしても無料ですから、すぐ相談してみてください。
若い方でも病気で見直しができなかった例がたくさんあります。

保険代理店の重要性に気が付いたら、すぐに相談しましょう。


 ◆◇無料保険相談は、あなたの街の《みつばち保険ファーム》へ!!◇◆ 
  相談・見積もりは一切無料!お気軽に来店できます。

 取り扱い保険会社は30社以上。だからあなたのライフスタイルに合った保険が選べます。
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                            
  どの保険を選べばいいのか分からないあなたへ。

  30社以上の保険会社を取り扱っています!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            保 険 マ ン モ ス
 ○・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。○

 イラスト図表で保険料を3~4割安くする“ビジュアル生命保険サイト”

 情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施。
 コスト削減を現実のものに!

 このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いて
 おります!

 保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された“保険マンモス”
          『FP無料相談』は今すぐコチラ!
               ▼ ▼ ▼
生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ









スポンサーサイト


  1. 2013/01/06(日) 17:28:33|
  2. 社会保険・健康保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<健康保険の「付加給付」 公務員・大企業の方はほとんど「がん保険」だけで十分! | ホーム | 更新型の生命保険に加入している方は、今すぐ無料の保険相談へ行きなさい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bestplanner.blog.fc2.com/tb.php/67-4d5b027e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。